新陳代謝アップの方法

褐色脂肪細胞の活性化

こんにちは、今回もまた「新陳代謝アップの方法」について、一緒に学んでいきましょう。
エネルギーを燃やす働きをする褐色脂肪細胞。
この細胞を活性化すれば新陳代謝が上がり、ダイエット効能につながります。
褐色脂肪細胞を活性化させるために、私達の体の中でも冷たさを感じやすい部分である「手」を刺激してやり、褐色脂肪細胞の働きを促してやりましょう。

ところが実際にはどのように刺激してやればよいのでしょうか。
ペットボトルを使って簡単にやる方法があります。

まず、ペットボトルに水を入れ、冷凍庫で凍らせます。
凍ったペットボトルを両手にもち、褐色脂肪細胞に働きかけます。
次に、平泳ぎのように水平に腕を回し、首も上下に動かするのです。
約15秒、回したならば今度はお湯で温めます。これを5回ほど繰り返してください。

お風呂に入った時にも、シャワーを使って褐色脂肪細胞を刺激してやりましょう。
褐色脂肪細胞は、首から肩にかけて集中しています。
この部分に直接シャワーをあてるんですが、40度程度のお湯と、20度程度の水で交互に30秒ずつあてます。これを5回繰り返してください。
ですが、寒い冬は冷たい水をあてるのは辛いです。
寒い時期は無理をせず、ぬるま湯程度にしてもOKです。

温度差で刺激を与えるほかに、機会があったなら、水泳をすることもよい方法です。
水の中では体は冷えていきます。
どんどん体温を上げる必須があるために、褐色脂肪細胞の働きが促されるんです。
ほどよい運動ができ、新陳代謝アップとしてもよい水泳は、まさにダイエットに向いているスポーツです。

いずれにしても、体に負荷がかかりすぎないよう、自分のペースで行ってみてください。

褐色脂肪細胞の活性化関連エントリー